« スノーモンキー | Main | エボリューションライト »

至仏山テレマーク

快晴微風、これ以上無い絶好の山スキー日和であった5月4日。
尾瀬至仏山へ山スキー(テレマーク)しに行って来ました。
尾瀬至仏山は首都圏から日帰り可能なうえ、4月下旬に林道が除雪されてから5月中旬のマイカー規制、登山規制が始まるまでの僅かな間だけ楽しめる山スキーエリアとして大人気の山です(シリアスなトレッカーなら、冬期でも戸倉から歩いて登る事は可能です)。
今年は例年に無い程の積雪が林道沿いに今だ残っており、雪崩の危険が有るという事で(実際危険を感じる箇所も有る)途中にゲートが設けられ、17:30から翌朝7:30まで閉鎖されてしまう為、帰路は時間を気にしながらヒヤヒヤもの下山となりました。

GWの真只中、暫く晴天が続くとあって有る程度の人出は予想していたのですが現実はそれ以上。駐車場に入り切らない車がただでさえ狭い林道の片側に駐車してしまう為、峠を目前にして前にも後ろにも動けない状態となる。ドライバー同士の協力で車を誘導、この場は事無きを得ました。
峠の広場に辛うじて1台分残ったスペースに車を止め、身支度を整えて出発。悪沢岳〜小至仏山を経て頂上到着は12:00。春山とは言え例年以上の雪がまだ残り、雪山を3時間かけて歩いてこなければたどり着けない頂上にこれほどの人出とは・・。ハイカー、山スキーヤー(アルペン)、テレマーカー、スノーボーダー、アルペンスキーヤー、文字通りの老若男女です。

春の至仏山は今回で2度目ですが、前回は今回とは真逆に記録的に雪が少ない年で、頂上に登ったものの滑るコースが解らず、登山客も少なく、うろうろしているうちにビバークするはめになってしまったのでした。
そんな訳で実際に滑るのは初めて。頂上直下から続くワル沢の大斜面は魅力的ですが、セオリー通りムジナ沢へ。途中露岩と這松が表れてゲレンデの連絡コースの様になってしまった場所もあるものの、こちらも文句ない大バーンでした。で、心地良い疲労感の残る中、鳩待峠まで登り返しはなかなか辛い。この辺りは細板+革靴、あるいはスノーシューが圧倒的に有利な場所。なかなか万事上手くは行かないものです。なを峠までのトレースは途中、斜面の中腹をトラバースして行く夏道通しと、沢に沿って進み最後に一気に登り返すコースの二手に別れるので要注意。最後は合流するのですが、歩きながら結構不安になります。
峠からの下山は閉門ギリギリでゲートを通過。片品は桜が満開でした。久しぶりに吹割の滝に立ち寄り、湯解け水を集めて恐ろしい程の猛瀑布と化した滝の迫力に圧倒されつつお約束の道の駅、望郷の湯で汗を流して帰路につきました。

060504_oze_05

060504_oze_08


|

« スノーモンキー | Main | エボリューションライト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/9919027

Listed below are links to weblogs that reference 至仏山テレマーク:

« スノーモンキー | Main | エボリューションライト »