こよみ

半夏生

庭の睡蓮鉢に植えた半夏生(または半化粧)。
毎年この季節にはその名の通り片方の葉だけが白くなります。
暦で言う「半夏生」とは半夏という薬草が生える頃、ここで言う半夏とは半夏生とはまた違う植物だそうです。ややこしい。
本格的な夏到来直前、梅雨のけだるさを感じさせてくれるこの時期にぴったりな名前です。

070409_hangesyo_5

| | Comments (0) | TrackBack (0)

冬至

昨日は冬至でした。
暦でも「日南の限りを行て日の短きの至りなれば也」とあり、
古今東西を通じて一年の始まりとされる日であったようです。
日本ではゆず湯につかったりするのもその名残とか。
クリスマスも実際にはイエスキリストの誕生日ではなく、古代ローマにおいてキリスト教が広まってゆく中で、もともとあった冬至祭りが形を変えたもののようです。
一年の始まりと、やがて来る春の到来を予感させる冬至の祝いは、神の子の誕生を記念するのに誠にふさわしい。とされたとしても不思議はないかもしれません。
ちなみにハロゥインも似たような経緯を辿って今日まで残っているのは結構有名。
こちらはケルト人の降霊祭でしたか。。。

多分全国的にも同様だと思いますが、南関東では実に暖かい冬至となりました。
インデアンサマー、あるいは小春日和。
南よりの風が強くもう気持ち悪いくらい。
でもこの後はまた一段と寒くなって行くのでしょう。
今年ももう残りわずかです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

立春、春の雪

本日は立春。
節分の日の昨日は、千葉市内でも本格的な降雪となりました。
とは言えこの季節ならではの重〜い湿雪で、積雪3〜5cmといった所。たっぷりと水分を含んだ雪で降り始めからもう街中ぐちょぐちょに。。
案の定というか交通ダイヤは乱れ、青梅マラソンも中止になったとか。
参加予定だった方々には残念な事でしたが、まあこの寒さではちょっと・・・
こんな日は「家の中で雪見酒でもやったほうが良い」なんて風流を気取る人も多いかもしれない。
私はといえば南関東ではめったに降らない雪、しかも積もるとなればじっとしてはいられず、用事のついでにデジカメ片手に街中を散歩です。(でもこのべた雪景色じゃあ絵になる写真は撮れません)


080203

| | Comments (0) | TrackBack (0)

処暑

先週23日は24節気の「処暑」でした。
暦の上では暑気が止み、初めて秋の気配が感じられる日。
今年の「処暑」は首都圏では久しぶりの雨。
寒気と前線の影響でまさに暦通りの陽気となりました。
その後はまた残暑に逆戻りではありますが・・・

気がつけば道端に月見草が咲いています。
エノコロ草も穂を垂れ、ススキも大分大きくなって来た。
つい先日まで夜中も鳴き続けていた(日中は暑すぎて鳴く事ができなかった?)
蝉に変わって秋の虫達の合唱が始まっている。
まったく暦は大した物です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

立秋、残暑

残暑お見舞い申し上げます
8月8日は立秋でした。
「立秋なんて言ったって暑いね〜」とはこの時期に交わされる挨拶代わりの常套句、実際暑いです。

立秋は夏の折り返し点。
次の節気「処暑」に向かって復路を戻り始める日。
残りの夏は暦の上では「残暑」ながら暑熱ピークのこの季節、まだまだ暑さが続くのは有る意味当然という訳。
ちょっと動いただけで汗が吹き出しクラクラとする日中は、外を歩くのもついつい億劫に・・・
本気で夏太りが気になる今日この頃です。

070804


| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏至

梅雨のさなか、暑中見舞いにはまだ少し早いのですが
今年は既にそんな陽気です。

一方、夏至は冬へと向かう折り返しの日
今年も半分が過ぎてしまった。
昨日は前日までのぎらぎらとした晴天が
うって変わって梅雨らしい雨模様、
やはり梅雨はこうでなくては。

070622


| | Comments (0) | TrackBack (0)

春分

「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので
記録的な暖冬から一転、寒さがリセットした3月でしたが、今日は午後から気温が少しだけ上がって春到来の気配。外歩きが気持ち良い。
東京の桜(ソメイヨシノ)はいち早く開花宣言が出たようですが千葉市内はまだ蕾、開花~満開はほぼ例年通りの様子。
自然はちゃんとつじつまが合うようになっているらしい。
公園の山桜は既に咲き始めていました。

今冬は仕事や資格の勉強に追いまくられて冬の楽しみ(雪山、温泉等々)もまったく味わっていないのでもう春が来てしまったのかという感じ、もう少し冬の余韻を味わっていたい気もする。しかし早春の花々や、小さな庭で植物の芽吹きを発見するのは楽しいものです。

070321

| | Comments (0) | TrackBack (0)

啓蟄

3月6日は『啓蟄』でした。
所謂冬眠から醒めた虫達が地上に出て来る日、という意味である訳ですが、
天気図を見ると昨日の低気圧が日本列島を通過して強い冬型の気圧配置に変貌、寒気を呼び込んで各地で真冬の寒さだったとか。
どうやら暦の表現がぴったりとはまるのどかな陽気だったのは関東地方だけだったようです。

インフルエンザで休職2日目、勤務先から「明日まで休め」との連絡が一旦は有ったものの、急遽仕事が入り明日(本日)から出社する事に・・・
まったく余裕のない会社、業界はこれだから困る。「タミフル」が無ければ死刑宣告に等しいぞ(別に製薬会社のまわし者ではないが)。
まあ社内にフル友でも作って目にもの見せてくれようか。(笑)
それにしても久しぶりに昼間、ブログ検索などをしているとインフルエンザに関する記事が結構多い事に気がつく。
どうやら流行しているようだ、若い人の中には「タミフル」の服用をためらっている人も多い。まあ当然だろうなあ〜と思う。
念のため重ねて言うと40代の自分には何の副作用もありませんでした。
以上。

話し戻って季節の話題。
今年はどうやら60年振りの大暖冬となりそうな状況である事は既に周知の事実ですが、下の写真は私がスキー場の雪の状況を図る目安に利用させてもらっている新潟県五日市町のスキー場のライブカメラ映像から昨年と今年の3月6日の写真。あまりの違いにびっくりです。
(なを著作権当該HPに著作権表示が見当たらなかったのでそのまま転載させてもらったのだが、不都合であれば削除しますので悪しからず)

20060306

20070306

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨水

2月18日は旧暦「元旦」19日は「雨水」でした
『陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也』(暦便覧)
この頃を境に雪は雨に変わり山の雪もとけはじめる。
観測史上始めての降雪0記録を更新しつつある首都圏(千葉市内は先月、一瞬の降雪を記録)ですが、
暦は正直なもので雪が降るより先に早春の氷雨の季節がやって来たようです。
とは言えまだまだ底冷えの日も多い、例年なら春のべた雪の季節ですが今年はどうだろう?
この雨と共にどうやら花粉も飛び始めたらしい
花粉症に苦しむ人達にとっては、辛い季節の到来ですが。
これはもう新しい春の季語かもしれません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大寒、初雪

昨日は大寒、曇り時々晴れの天気予報に反して終日曇り空、
暦通りの寒い一日でした。
午後には一瞬綿毛の様な雪がふわふわと舞う。
例年よりやや遅い初雪でしたが
その後は雨となってしまいました。
本日は千葉市の臨海部を舞台に千葉マリンマラソンが開催されます。
この大会、滅多に雪が降らない千葉であるにも係わらず過去に2回も降雪中止になっている。
暦は正直です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧