« May 2009 | Main | July 2009 »

June 2009

最年少市長誕生

昨日は前市長の逮捕、失職に伴う千葉市長選挙があり、民主党などが推薦した若い市長が誕生しました。
31歳での政令市長就任は中田横浜市長を抜いて歴代最年少だとか。
官僚支配が続いて膠着しきった金権千葉の体質を根こそぎひっくり返して名実共に活気のある政令都市になるにはこのくらいの荒療治が必要だと思う。(ちょっと期待しすぎかな?)
当初副知事の立候補で無風かと思われた今回の市長選挙。
一部には言い掛かりとしか思えないくだらない中傷もあったようだが、選挙戦自体は前市長の逮捕という特殊事情も有ってか候補者同士の揚げ足取りのようなこともなく、「大人」な戦いだったように感じます。
一方で巷間言われているように31歳と言う若さに少々不安な面は確かに有る、というか私も有った。
候補者の写真を見て「こりゃちょっと駄目かな?」と思ったのも事実です。
お披露目で街角に立つ姿には頼りなさを感じたのだが、当選後の映像では日焼けしてたくましい感じになっており、票を投じた一市民として安心しました。

選挙戦の最中、駅頭に河村たかし名古屋市長を招いての演説会にたまたま出くわした。
みゃあみゃあと何を言っているのか良く判らない名古屋市長はご愛嬌として、熊谷氏の「副市長は行政の代表であり市長は市民の代表であるべき」との発言は千葉市の歴史に残しても良いかもしれない名言だと思いましたよ。(今回自公が押した対立候補は副市長)

先の千葉県知事選挙では新知事の巧みな「演技」に翻弄された千葉の有権者も今回は良い仕事をしたと思う。というか思いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2009 | Main | July 2009 »