« 穂高に行ってきました | Main | 貧民の帝都 »

高尾山森林遊学走

9月最後の日曜日、高尾山で開かれた森林遊学走大会の7キロマラソンに参加してきました。2004年に同じく7キロコースを走って以来2度目の参加となりますが、5年前は表高尾、今回は裏高尾と会場、コースとも全く変わっています。(2004年大会参加の様)

午前中の早い時間にスタートする他のマラソン大会と比べて15キロが12時10分、7キロが12時20分とかなり遅めのスタート時間となる為、ネットのダイヤ情報等で調べたうえで決めていた当初の予定時間よりもすこし遅れて自宅を出たのだがこれが失敗。京王高尾山口の駅についた時は既に最終便のシャトルバスが出た後でした。正に万事休すといったところですが、運良く会場へ移動するスタッフの好意で車に便乗させていただき、かろうじて事なきを得ました。
感謝にたえません。

JR中央線や中央高速道路が走り抜け、圏央道のトンネル工事も始まった様子の裏高尾だが、旧甲州街道小仏越えの田舎っぽさや道の狭さは多分昔とあまり変わっていない様子で東京でありながらも実にのどかでほっとする雰囲気だ。

最近のトレイルランブームを反映してか15キロコースを走るランナーの人数は平地の大会と殆ど変わらない。一方7キロコースは初級者向きとして捉えられているのかやや少なめ。それでも走った感想としてはコース前半のきついところは共通なので初級者向きと言う感じはあまりしない。
7キロコースの場合、前半は細いトレイルの急登、ここは若干足場の悪い登山道なので走ったり追い越したりは不可。皆一列となって登って行くが、普通なら適当に休みを入れつつ登って行くところ、後ろから追い立てられての全く休みなしの登りなのでかなりきびしい。中盤は縦走路に上がって登ったり下ったりと一般ハイカーに混じって走る。この辺りでは普段から走る人が多いのか一般ハイカーも馴れている感じで好奇の目を向けるひとは皆無。
(余談だが最近は北アルプスの稜線あたりでも走る人が結構いるらしく、中には大キレットを運動靴(トレランシューズ?)にTシャツ短パンで超える猛者もいるとか!!)
後半は待ってましたの大下り。走り出したら止まらない林道の下りで足に負担のかかる道だが、殆ど鋪装されているので痛快。

終盤は15キロコースと合流し一緒にゴール。
タイムは全く気にしていなかったのでわかりません。

帰りはなかなかやってこないシャトルバスを待ち、参加賞を貰って何時始まるのかわからない閉会式はパス。薬王院の参道で名物のトロロ蕎麦と蒸し饅頭を食す。穂高の疲れがまだ残っていて、新宿まで曝睡でした。

Takaosansinrinrun08


|

« 穂高に行ってきました | Main | 貧民の帝都 »

「ランニング」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/42687469

Listed below are links to weblogs that reference 高尾山森林遊学走:

« 穂高に行ってきました | Main | 貧民の帝都 »