« 高尾山森林遊学走 | Main | 江戸川堤を走る »

貧民の帝都

「読んでおいて良かった」と思う。
本を読む事の重要さを再認識させてくれる目から鱗の一冊だった。
華やかで真新しい文明開化の部分ばかりがクローズアップされる明治維新は、一方で貧困層の大量発生という暗い暗い影を伴っていた。戊辰戦争の混乱と幕府の崩壊で無政府状態となり、江戸詰の侍達が地方に戻ってしまった東京の町には、貧しい庶民や失業してしまった武家の下働きの人間達ばかりが残されて、広大な空家となった江戸城に乞食が住み着き、町のそこかしこには行き倒れ人の屍骸がころがるという悲惨な状況が展開されていたらしい。やがて新政府の体制が整えられていくのに伴って、新首都東京の「恥部」である町に溢れる乞食、行路病人、孤児、独居老人等の極貧民を隔離収容する施設が作られた。これが後に養育院という平成の時代まで続く社会福祉施設の始まりとなる。
この本ではこの養育院の変遷を軸に初代院長としてらつ腕をふるった渋沢栄一の奮闘振りや大正、昭和初期まで存在した東京の4大スラムの立地や起源、様子などが現在の地図とともに詳しく説明されている。また所謂「部落差別」の深刻化の起源が皮肉な事に明治時代の賤称廃止令に有るという事実は、意外だが成る程と思わせる。都市のインフラ整備を可能にさせた「財源」の話も何か今日に通じる様で興味深い。
それにしても“淤水縦横して汚穢を極めたるもの散在する”貧民街が今日では「都心」に相当する地域にも存在していたとは驚きだ。
自分達の町にかつてスラムが存在した。なんて事は誰も好き好んで話す者は居ない。このような事実は「江戸時代には芸人や芸者などが住む粋な町でした」なんてな風にぼやかされ、意識するともなしに隠されるのが関の山だ。そして日本の資本主義の父といわれ今日まで残る名だたる企業の創業者として名を残す渋沢栄一の筋金入りの社会福祉事業家としての一面、その行動力と信念の強さに打たれた。明治より現代に至るまで、利益の追求と社会への還元の両立という意味ではたしてこの人を超える実業家は存在するのだろうか?と思わせる。

東京が災害や戦争に翻弄されていく過程で養育院もまた変遷を余儀なくされ、行財政改革のうねりと共に終には事実上の廃止となってしまった。社会不安や格差が急速に拡大し、街に浮浪者が溢れる現代社会。はたして救いはあるのだろうか?
作者の思いは現代の「非人」階級に繋がっていく。
要所毎に挟まれる作者の独白、解釈の部分で時折現れる「揺れる思い」「断定への恐れ」は読み手に不安感を与えるが、それはまたこの問題の難しさを象徴しているようにも感じられた。

Photo_2

塩見鮮一郎著
文芸新書、文芸春秋社

|

« 高尾山森林遊学走 | Main | 江戸川堤を走る »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

Comments

面白そうですね。ブックオフで探してみます。
維新は良いことばかりじゃなかったんだ。

Posted by: shimo | November 05, 2008 at 12:30 PM

明治維新に限らず、語られていない事はいろいろ有るもんだな〜
と認識を新たにさせられます。
地勢と風俗の関係から東京の盛り場の成り立ちを語った
中沢新一の「アースダイバー」と併せて読むとさらに面白いかもしれません。

Posted by: ヨシヲ | November 08, 2008 at 01:49 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/42784562

Listed below are links to weblogs that reference 貧民の帝都:

« 高尾山森林遊学走 | Main | 江戸川堤を走る »