« 北京行きマラソン代表決まる | Main | パンダ騒動 »

消え行くもの

戦後日本を代表する建築家の一人であり、商施連(商業施設技術者団体連合会)の2代目会長を務められていた「違いのわかる男」(これを知っている人は相当古い)清家清氏の初期の代表作『斉藤助教授の家』が取り壊される事になったそうです。これを受けて急遽行われた東工大の主催による見学会に縁在って参加する事が出来ました。

実のところその名前を知るのみで殆ど予備知識無いまま見学させて貰ったのですが、床から天井に至る大きな開口部が全開し、リビングから眺めの良い庭を通して彼方に横浜方面と思われるビル群を一望する事が出来る。そのドラマチックで爽快な眺望や、外光を柔らかく取り入れてリビングとダイニングを切り分ける鮮やかさにうなった。

昨今建築を語る事がある種のブームとなり、リノベーション(再生)やリユース(再利用)が叫ばれていたりもする。
それでも時代や町並みの顔となり、建築家個人の思想の具現化とも言える貴重な建築物が主に効率性や経済性の観点から取り壊されて跡形も無く成ってしまうという現象は今だに後を断たちません。
確かに建築は使われてナンボの実用品であり、飾って楽しむ美術品ではないのだから仕方ない。と言ってしまえば実も蓋も無いが、小規模な住宅建築とはいえ古い建築物を維持して行くのは手間とお金がかかる訳で、ましてや個人で維持して行くのは確かに並み大抵の事で無い事はわかる。
加えて土地に定着しているのが建築の定義ならば、仮に運良く何処かへ移築保存されたとしても本来の居場所を離れてしまった建築物は或る意味標本、良く言ってモデルハウスにすぎないと言えない事も無い。

でもそれならばそれで良い、或る時代、或る場所、一つの理想を建築の形に具現化した創作の賜物なのだ。純粋な保存が無理ならば新たな用途で再利用、という手だってある。個人に負わせるには重すぎるなら行政に、行政にその余裕が無いならばせめて関連の在る組織や団体が維持管理に参加出来ればとも思う。遅きに失したという事なのだろうか。

ともあれ、皆がGW中に遊び呆けて東京に戻って来た時には綺麗さっぱり更地となって、後は人々の記憶と記録の中に残るのみ。
南に開けた気持ちのよい縁側に立って「ああ〜勿体無いな〜」と思った午後でした。

080426_saitoutei_01

|

« 北京行きマラソン代表決まる | Main | パンダ騒動 »

「建築・インテリア」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/41089964

Listed below are links to weblogs that reference 消え行くもの:

« 北京行きマラソン代表決まる | Main | パンダ騒動 »