« 東京地下鉄トワイライトゾーン | Main | トイカメラ »

光の都

忘年会シーズンもクリスマスも終わって今年も残すところあと数日を残すのみ。
仕事帰りに日比谷公園で開催中のイベント、東京ファンタジアに立ち寄ってみた。
現在の職場がある新橋から会場までは徒歩圏内、遠くに見えるネイティブアメリカンのティピーの様な物体に建築中から「あれは何?」と気になっていた巨大ツリー?と20世紀フォックス映画の冒頭宜しくサーチライトの光りが公園の木々の間から空に向かって立ち上がる様子が帰り道から良く見えていたのです。
街中から華やかなクリスマスディスプレイが撤去され、正月用の落ち着いた飾り付けに変わって行く数日間は、まったりとした気分と同時に祭りの終焉を予感させるような一抹の寂しさを覚えたりもしますが、こちらは1月中旬まで開かれている模様。もう暫くイルミネーションを楽しむ事ができる様です。
それだけでは無く、丸の内地区一体では2005年末を最後に一旦終了した東京ミレナリオに替わるライトアップイベントがライトピアと銘打って年内大晦日までの予定で行われており、こちらもなかなか楽しい。

再開発ラッシュに沸く丸の内界隈はここ数年変化が大きく、通りに面する1階にブランドショップを並べたり、歩道はおろか車道まで雰囲気のある石畳としたりと、色気の少ないビジネスオンリーの街からビジネス街としての機能は残しつつもお洒落なファッションタウンに変貌しつつあります。
林立する高層ビルを従えてオレンジ色に浮かび上がるライトアップされた東京駅、カラフルな光に照らされて浮かび上がる摩天楼の向こうに江戸の闇が横たわる。100年の時間が凝縮したような東京駅前広場に立つとちょっとした感動さえ覚えてしまう。毎日通勤で自宅と東京を行き来している自分でさえそうなのだ、始めてここに降り立った人はどう思うのだろうか?

071225_hibiya01_3

071225_hibiya02

071225_marunouti01

071225_marunouti02
最後の写真は
50代以上では昔過激派の爆弾テロがあった場所として
記憶している人も多いかも知れない三菱重工旧本社前。
まさにその現場の今の様子

|

« 東京地下鉄トワイライトゾーン | Main | トイカメラ »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/17504449

Listed below are links to weblogs that reference 光の都:

» チュニックのコーディネート手帖 [チュニックのコーディネート手帖]
チュニックはワンピースとかブラウスなど丈の短めの上着を指します。日本では女性向けのファッション用語と化していますが、年齢的には若い人でなくてもチュニックファッションは楽しめます。ハンドメイドも含めて、チュニックのコーディネートや着こなしを要チェックして下さい。... [Read More]

Tracked on December 28, 2007 at 09:33 PM

« 東京地下鉄トワイライトゾーン | Main | トイカメラ »