« 光の都 | Main | 謹賀新年2008 »

トイカメラ

地元のロフトでトイカメラを買った。
一応「アリカメラ」という名前のようだが、小さなボディに貼られた動物のイラストの種類で呼び名が変わるらしい。
私のは黄色い「ハチカメラ」でした。
折り畳んだ状態では僅か3センチ四方のボディにキーホルダーのリング付き。あのチープカメラの代名詞「ホルガ」の仲間らしいのだが、ロシア製では無く中国製だし小さい割には謎の多いカメラだが試しに買ってみようかと思わせる¥945の値段設定は旨い。(まあ原価は¥100程度かもしれないが)
使用するフィルムは今やシーラカンス的存在の110フィルム。
110フィルムを始めて使ってみた。
鞄のポケットに偲ばせてさっと出してさっと使えるのは良い。コンパクトデジカメより手軽な感じ、ケイタイカメラを使う感じかな。
粒子ざらざら、ぼんやりとした写りはむしろ期待通りで、ケイタイカメラでの仕上がりよりは全然良い。
欠点としてはフィルム送りの歯車がチープ過ぎて時々空廻りしてしまう。手で押えてやらなければ噛まなかったりする事多数。現像も大きなラボでなければ出来ないようで、大形量販店に出しても一週間かかってしまう。もっとも、写してポンのデジカメ全盛時代に、わくわくしながら仕上がりを一週間待つのはむしろ美点かも、少なくとも個性ではある。

どこか遠い国の風景のような。。ノスタルジックな雰囲気は秋から冬が良く似合う気がします。

Hachi_camera01

Hachi_camera02

Photo02

|

« 光の都 | Main | 謹賀新年2008 »

「趣味」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/17521570

Listed below are links to weblogs that reference トイカメラ:

» 4つの画材で動物の19通りの描き方をDVD付きで解説した通信教育系教材です [イラスト上達マニュアル,トイカメラ]
実際にペットの肖像画を描いているイラストレーターが、4つの画材(鉛筆、色鉛筆、水彩絵具、オイルパステル) を使って動物の19通りの描き方を解説しています。一枚のイラストが描きあがるまでを収録したノーカットDVD付きです。 ... [Read More]

Tracked on January 11, 2008 at 05:38 PM

« 光の都 | Main | 謹賀新年2008 »