« 晩秋の手賀沼はエコマラソン日和 | Main | 東京地下鉄トワイライトゾーン »

2007東京モータショー

11/10日現在、レギュラーガソリン1リッター145円、
勿論セルフスタンドにて。
一向に収まる気配を見せないガソリン価格高騰の原因が、海の向こうのマネーゲームにあるというのだから全く嫌な話だ。地球環境を守る筈のバイオ燃料生産の影響で食料危機が訪れたり環境が悪化したり。バーチャル世界でいろいろと情報を手に入れることが出来る時代のせいだろうか、昔ほど車に興味を持つ若者も少なくなっているとか、本当だろうか?。
その為どうか知らないが、何故か今回のモーターショウは以前に比べて世間の注目度が低いような気がしていた。ならば空いているのでは?と思いながら出かけたのだがとんでもない、先週の日曜日は会期の中盤、絶好の行楽日和という天気も手伝ってか大盛況の幕張メッセでした。

ここ最近のモーターショウは環境技術のアピールが一つの目玉となって来た感がありますが、ある部分では既に当たり前の技術として実用化が進み、またある部分では実現性いまだ遠いという感じだったりするのか今回エコは脇役の感。そうかと言ってかつての様にきらびやかなコンセプトカーのデザインを競う訳でもない。
国産メーカーには欧州車の様な伝統や伝説が無い分、技術力を背景にユーザーの指向に合わせた製品を柔軟に提供するというやりかたで世界を席巻して来た訳だが、こういう時代ではマーケティング重視のやり方が却って仇となってしまうのかもしれない。T社による空前の売り上げ云々といった景気の良い話とは裏腹に業界全体がユーザーの期待を掴みきれず、派遣労働問題のネガティブな印象も加わって「模索中」「迷走中」という風にも感じられる。
もっともあくまで私の感想ではありますが。
というわけで今回のショウは夢や妄想の華を競うというより、(もう一つの華は健在ですが)手の届く実用者から庶民にはただ見るだけの超高級車、手が届きそうで届かない往年の名車の復活など本来のトレードショウ的性格が強いような感じをうけたのでした。
ところで晴海まで遡らなくとも、以前はわざわざ東京モータショウを訪れる外国人観光客はそう多く無かった様な気がするが最近はかなり多い。特に今回はIT産業で経済成長中のインドからと思われる家族連れやカップルが目についた。車やコンパニオンだけでなく客層もまた世相を反映して面白い。

07tokyomotorshow_01
(お馴染みレーシングカミオン)

07tokyomotorshow_02
(ボルボのトラック用ハイブリットエンジン、美しい!)

07tokyomotorshow_03
(ブリテンの暴れん坊、思わず手ぶれ)

07tokyomotorshow_04
(地球を纏う。ホンダF1の尻造形に感心)

|

« 晩秋の手賀沼はエコマラソン日和 | Main | 東京地下鉄トワイライトゾーン »

「旅行・地域」カテゴリの記事

Comments

こんにちは
自動車ショーは私は久しぶりに行きましたが、会場の熱気というか、たぶん自分にソレほど自動車に思い入れがなくなったのか、ワクワクすることがなかった。
日本のメーカーがマーケッティングからデザインから決めていくのに反して、海外のメーカーはデザイナーの思いが強いのかなと思ってしまいます。
歴史だって、ワーゲンやアウディにしても、フェラリーだって、戦後に近い頃からです。その辺は自己中なのか、こだわりが強いのかわからないけど、スタイルを貫き通そうという気は感じます。
ホンダにしてもトヨタにしても、会社の規模こそ違え何か一緒みたい。

Posted by: shimo | November 11, 2007 at 01:11 PM

shimoさんこんにちは。
shimoさんのブログの記事も読ませていただきました。
確かに新宿渋谷方面(特に渋谷方面)から千葉は遠いです。新宿は総武線が直通しているので便利な筈なのですがやはり距離が有るのは如何ともし難い、お疲れさまでした。
マイバッハやベントレー、ロールスなど囲いの外から遠巻きに見るだけで何だか別世界の乗り物ですが、あの囲いの中でスタッフと楽しげに談笑しているお客がいるのも確かで、このご時世にあんたら何者?という感じで見ていました(笑)やっ掴みですかね。それに比べるとベンツやボルボなんて可愛いものです。見ていると買えそうな「気」がしますから。
私的には日産が導入を予定している欧州基準のクリーンディーゼルなどに興味があるのですが何処に展示されているのか良くわかりませんでした。
あとかつてのXTのような250CCくらいで4ストロークのトレールバイクをヤマハ辺りがオーソドックスなスタイルで出さないものかと。

Posted by: Yosiwo | November 12, 2007 at 01:02 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/17037472

Listed below are links to weblogs that reference 2007東京モータショー:

« 晩秋の手賀沼はエコマラソン日和 | Main | 東京地下鉄トワイライトゾーン »