« December 2006 | Main | February 2007 »

January 2007

幻の世界新記録

昨日行われた「千葉マリンマラソン」にて珍事発生。
ハーフマラソンのエリートランナーと市民マラソンの両種目で誘導コーンを係員が間違えて設置してしまった為に、コースが規定より2.6キロ短かかったとか(つまり18.5キロ?)。
参加人数がべらぼうに多く、毎回小出監督がスターターを勤めるという話題性の他はとりたてて何と言う事も無い普通の市民マラソン大会で世界新記録が続出する事態に「こりゃおかしい」と調べてみた結果、発覚したとか。
結果参加者全員が「参考記録」という事になるそうです。
主催者側のミスではあるものの、参加費は返却しないとか。
私自身は新年最初の大会として例年通り今年も申し込みだけはしていたのですが、生憎今年受験する資格試験講座のガイダンス日であった為参加出来ずキャンセル。めったに出会えない珍事に遭遇出来ず残念でした。
それにしても昨年は降雪による中止、今年はニュースネタ、やはり何かが起こる大会の様です。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

大寒、初雪

昨日は大寒、曇り時々晴れの天気予報に反して終日曇り空、
暦通りの寒い一日でした。
午後には一瞬綿毛の様な雪がふわふわと舞う。
例年よりやや遅い初雪でしたが
その後は雨となってしまいました。
本日は千葉市の臨海部を舞台に千葉マリンマラソンが開催されます。
この大会、滅多に雪が降らない千葉であるにも係わらず過去に2回も降雪中止になっている。
暦は正直です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

紅白雑感

あけましておめでとうございます。
早いもので2007年のお正月も既に二日が過ぎ三日目に突入。
日常がまたひたひたと目の前に迫ってきます。

結果が見え透いた人寄せパンダの様なカードを目玉に視聴率を稼ごうとする年末格闘技イベントには共感出来ないし、若手のお笑いもやや食傷気味、さりとて懐メロを見る程の歳でも無い。
という訳で2006年の大晦日も(時折フィギアスケートなども気にしつつ)『紅白歌合戦』を見た。
「好きうた」や「みのもんた」、ユーミンの初登場など話題の多かった昨年に比べ今年は目玉が無いなどと喧伝され、最近は敢えて「見ない」なんて宣言する人も増えている様・・・
かつて「紅白」は視聴率80%なんてお化けぶりを発揮したそうだが、それには及ばずともTVをつけている人の10人に4人は観ているのだから相変わらず大したものだ。実際見てみればテーマに沿った選曲や曲順、演出などに毎年工夫や努力の跡が感じられる。(一部過剰な演出と歌の内容がマッチせず、マンネリ気味でもういいかげんに止めたらどうかと思う演出も無きにしもあらずだが)ベテランから中堅、若手までそれぞれの色や味を精一杯に発揮していて見ていて気持ちよい。晴れ舞台で精一杯自分をアピールしょうと頑張る歌い手達の熱気や緊張はテレビ画面を通してもちゃんと伝わってくるのだ。年越しはやはり年越しらしく、NHKの術中に嵌っていようが何だろうが律儀に聴取料を払わされている身分としては、やはりこれをみなけりゃ年があけまい。
ところでクールファイブが「長崎は今日も雨だった」、森進一が「おふくろさん」を歌ったが、物真似では無いオリジナルを見るのは初めて、なんて人も多かったのでは。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2006 | Main | February 2007 »