« NHKスペシャル日中戦争 | Main | 5 年目でつれづれ »

多分あの日の様な空の下

お盆休みの真っ只中、打ち合わせに向かうため都内を車で走り抜ける。
眠ったように静かで閑散としていている都心の中で唯一ひどく混雑している場所が在る。千鳥が淵から九段にかけての一帯だ。
黒塗りの高級車の列、ものものしく路肩を固める機動隊の装甲車両、騒々しい音楽をまき散らす街宣車、どこまでも続く渋滞etc..
内堀通りを諦め北の丸を通り抜けると空いていてほっとした。
小泉首相の公式参拝が話題となっている。これについては色々な考え方があるだろう、不勉強の自分は敢えて意見を述べる事はしないが、この異様な光景を見れば、この日のこの場所が色々な意味で普通の場所でない事は確かだ。
肉親を戦場に散らし、降り注ぐ焼夷弾の下を逃げ惑いつつ九死に一生を得た戦中世代でありながら靖国には無関心な親を持つ私は思う、
まったくもって人騒がせな話さ。

|

« NHKスペシャル日中戦争 | Main | 5 年目でつれづれ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/11456150

Listed below are links to weblogs that reference 多分あの日の様な空の下:

« NHKスペシャル日中戦争 | Main | 5 年目でつれづれ »