« まったく情けない | Main | イタリア文化会館:景観論争に想う »

インチキメール事件報道から感じるもの

偽メール事件に始まった民主党のガタガタは、渡辺恒三氏の国対委員長就任を受けて沈静化の方向に向かいつつあるようだ。
事件の発端、フリーライターAとやらが偽情報を提供した際のセリフは「永田議員を男にしたい」であったとか。このフリーライターなる人物、近々雑誌を創刊する予定だったらしいのだが、この雑誌の取材を通して永田議員と接触を持つようになったらしい。
ねつ造(乃至は粉飾?)した情報を元に国会で爆弾質問をさせ、話題を一気に盛り上げたところで当の永田議員を表紙に据えた雑誌をドーンと創刊、あわよくばボロ儲けしてやろう、という山師であった可能性が高そうだ。
とは言えどうもスッキリしない。私同様多くの人が感じていると思うが、果たして金銭授受は本当に無かったのか、仮にあったとすれば粉飾決算や偽計取り引きで得たアブク銭は直接、間接的に政党や政治家個人に流れたのか。本人は晴れ晴れとしているそうだが(笑)我々の眼前には疑問が積み残されたままだ。事態は民主党の一方的全面降伏というみっともない形で決着がついてしまったが、喧嘩は両成敗が日本の伝統じゃあないですか。

一方この事件を報道するニュースショーやワイドショーを見ながら感じたのは、彼等はTVジャーナリズムと称してさも事件を追求している様な姿勢をとりつつ、結局は「あの人がこう言った」「この人がこう言っている」と人様の意見を順序よく並べ替えて紹介しているだけではないか?という事。まあそれがTVの役割といってしまえばそれまでだし、今頃気が着くのもどうかと思うが、先の韓国地方TV局の様な事態は少なくとも現在の日本のTVでは起こりそうも無い。同様に堀江容疑者の扱いにも見られた例の手のひら返し現象も根は同じである様に感じられる。視聴者様、スポンサー様、代議士様の意向には逆らえないのだ。
「あの人がこう言った」「この人がこう言っている」
つまるところTVは『高級な壁新聞』ということだろうか。

|

« まったく情けない | Main | イタリア文化会館:景観論争に想う »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/8989649

Listed below are links to weblogs that reference インチキメール事件報道から感じるもの:

« まったく情けない | Main | イタリア文化会館:景観論争に想う »