« デジャビュ? | Main | トリノオリンピック! »

鎮魂の海・・男たちの大和

今更ながらというか、遅ればせながら『男たちの大和』を鑑賞しました。
さまざまな媒体から既に伝えられている通り、戦争賛美の映画では無く、かと言ってあからさまな反戦映画でも無い。戦争の時代に生き合わせて当時の日本の技術と文明の象徴であり、且つ「空前絶後の無用の長物」(プログラムより)に乗り合わせた若者達の壮絶な生き様、死に様をある部分は情感たっぷりに、又ある部分は淡々とあるいは冷徹に描き切った作品で、私も思わず落涙しそうになりました。
一方、以前TVで(筑紫哲也氏だったか?)が監督の力量と言っていたのを記憶しているが私も同感、なにせプロデューサーは角川春樹だ。
角川映画の成功で人生狂ってしまった感のある春樹氏だが此所へきてまともなプロデューサーとして頭角を表して来たのかもしれない、まあ私などが言うのもおこがましい限りではあるわけですが・・
『プライベートライアン』以降、第二次世界大戦モノは勿論、『グラディエーター』のような歴史劇に至るまで、映画においても中途半端な戦闘描写、心理描写は許されなくなったと思うのだが、この作品もその流れに乗っている。戦闘場面ではかなり惨たらしいシーンも逃げる事無く描かれており、過去と現在が交錯しながら物語が進展する構成も似かよっている。
映画では鈴木京香演じる内田兵曹の養女が大和が沈没した海域へと向かう途中、生存者である神尾から当時の体験談を聞く事になる。後で知ったのだが、物語の核であるこの内田兵曹の養女のエピソードは事実に脚色を加えたものであるらしい。
沈没の海域に行く事は過去へと時間を遡る事であり、内田の本当の最後を見届けることは神尾自身が自らの生き長らえた意味を理解する事でもあった。監督はこの現代のエピソードに「鎮魂」の在るべき姿を表現したかったのかもしれない。この映画には靖国の名は全く出てこない。靖国参拝論争につきまとう観念論、宗教解釈、政治論争に対して、鎮魂とは死者達と場所を共有し、追体験をする事でしかありえない。そんなさりげない抗議の様な気がしてならないのです。

それにしてもプログラム、大きすぎます。

|

« デジャビュ? | Main | トリノオリンピック! »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

ヨシヲ さん

コメントありがとうございます。

>「鎮魂」の在るべき姿を表現したかったのかもしれない。

おっしゃるとおりですね。

慰霊、鎮魂のために、サイパンへ行ってきました。
後日、旅行記をUPしますので、よろしければご覧下さい。

今後もよろしくお願いします。

Posted by: 「感動創造」 | February 20, 2006 at 01:12 PM

感動創造さんこんにちは。
私も2回程サイパンを旅しています。
今だに残る戦争の爪痕が、ゆっくりと自然に帰りつつある島。
バンザイクリフの底抜けに青い海が怖いくらいに美しい、やはり鎮魂の島でした。

こちらこそ宜しくお願いします。

Posted by: ヨシヲ | February 21, 2006 at 08:51 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/8602501

Listed below are links to weblogs that reference 鎮魂の海・・男たちの大和:

» 「大和」世界航海 40か国・地域100社からオファー !サイパン出発前に [「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!]
映画「男たちの大和/YAMATO」が40カ国からオファー [Read More]

Tracked on February 15, 2006 at 09:15 AM

« デジャビュ? | Main | トリノオリンピック! »