« 行きし年、来たるとし | Main | 小寒 »

里見八犬伝:ハレの日に闘いを見る事

若手お笑いタレントが大挙登場する脳天気な芸能番組や新年早々感動の各種スポーツ中継、TV欄を覗いただけで見る気が失せる長〜いドラマ等々、正月のTVを彩る様々な番組のなかで、実は楽しみにしていた番組の一つが『里見八犬伝』。昨年のNHK大河で主役を張っていた「タッキー」が主演と言う事で重厚な歴史劇か?と一瞬期待も膨らむのですが、そこはそれ、なんと言っても『南総里見八犬伝』、重厚である筈も無かろうという事で過度な期待もせず見始めたのですが、これがどうしてあに図らんやなかなか面白い。
関東公方足利家と関東管領上杉家の骨肉の争いを軸に、守護大名や諸豪族が翻弄されまくった関東の戦国時代。後に登場する織豊、徳川といった天下人の物語りの様にドラマや小説の題材として何度となく取り上げられる事もなく、どちらかと言えばマニアックな室町時代の関八州を舞台にした歴史冒険ファンタジーは、戦国の記憶がより身近であったであろう江戸の人達にとって、血沸き肉踊る“現代劇”であったに違い無い。

とは言えお話自体は荒唐無稽の極み、フィクションである事は間違い無いのだが、里見、千葉、馬加、豊島、足利、扇谷(上杉)といった歴史上の実在人物が配されている事で妙なリアル感が有る。(実際房総の山中には「伏姫が隠った洞窟」などという名所旧跡が存在する)
加えて滝沢馬琴による原作を読んだ事も無く、NHKの人形劇も、薬師丸ひろ子が主演していた角川映画も勿論それ以前のモノクロ映画も見ていないので先入観が無いぶん面白く感じられたのも事実。登場人物の善悪、性格を色彩で表現したワダ・エミの衣装デザインも洒落ていて、日本離れした雄大な風景や(中国ロケだから当然だが)テレビゲームばりの戦闘シーンも普通なら噴飯モノだが、ファンタジー故楽しんで見ていられたのでした。一方原作とは異なるのかも知れないが復讐の為に怨霊と化した玉梓にも救いを残した結末は現代的解釈としてもそれなりに感銘を受けた。このドラマを機に関東の戦国時代について興味を持つ人が出てくると面白い。

それにしても大晦日の紅白歌“合戦”、格闘技に始まり、新年の駅伝、アスリートの力比べ、八犬伝、函館戦争、戦国絵巻、芸人達の智恵比べetcと、古今東西人類は、何故ハレの日に「闘い」を見たくなるのでしょうか??。

|

« 行きし年、来たるとし | Main | 小寒 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/7995832

Listed below are links to weblogs that reference 里見八犬伝:ハレの日に闘いを見る事:

« 行きし年、来たるとし | Main | 小寒 »