« november | Main | 本田美奈子さんの訃報を通じて »

東京モーターショウ

先月の22日から15日間にわたって開かれていた東京モーターショウ。
最終日の昨日ようやく行ってきました。大きなイベントの最終日というのは何か独特な雰囲気が感じられて良いものです。
晴海開催の最後の頃から現在まで毎回足を運んでいる訳ですが、幕張に会場を移して15年、さすがに運営も手慣れて来たようで最初の頃の混乱と大混雑はすっかり影を潜め、大変な来場者数(151万人)であるにもかかわらず、ゆっくりと会場を見て回る事が出来る様になっています。
モーターショウ会場の華やかさ具合は参加企業のやる気や金のかけ方を通じて日本経済の状況を如実に反映して来ました。一時は落ち込んでいた国産メーカーも大分持ち直して来ている感じはしますがまだまだかな〜という雰囲気ではあります。国産車では日産ブースのGTRのモックアップ?が大人気だったようですが、私自身はGTRには何の興味も感心も無いので他に見るも物無し、日産車ユーザーとしては残念で有ると同時にこのままで大ジョブかいな日産?とやや心配になってしまう。
それにしても以前に比べて何か想像力のほとばしりを感じさせる様な夢の有る提案や新製品が少ない様な気がするのだが。。今回やや影が薄い燃料電池やハイブリッド等の新技術を、夢の有るアイデアと結びつければとても魅力的な提案と成る様な気がするのだけれども。

実際に購入の対象としての車としては、高嶺の花とは言えやはり総じて外国車は魅力的(韓国車も価格が魅力的)だが、国産車にも一部のメーカーのSUVやミニバンなどには食指を動かされる新製品も無い訳では無い。もうちょっと魅力的なワゴンも見てみたい。

ヒュンダイのブースだったか、珍しく眼鏡をかけたコンパニオンの女性がおり、車を覗いていると「運転席にお座りになられますか?」と声をかけてくれる、思わず「アッ、お願いします」と返してしまったが、何となく「アキバ的」なものを感じさせるこれはちょっと珍しいサービスかもしれません(笑。

次回は再び商用車ショウとの同時開催で行われる模様、会場はどうするのだろうか?。

写真はテーマ館に出品されていたオート三輪!。多分今回の展示車両中格好良さでは一番かもしれない。
yokyo_motor_show_2005


|

« november | Main | 本田美奈子さんの訃報を通じて »

「千葉の話題」カテゴリの記事

Comments

日産車に30年以上乗り続けている者として、最近日産のデザインが良くなったナーと感じています。いっときの何もかもがヘンだった時に比べすばらしく変わったと思っています。
ただ、TOYOTAのように最先端の技術をどれくらい研究しているか、ユーザーサイドから見ても心配。
チャンと動くのは当たり前で、私などのユーザーはそれ以上を望むから贅沢ですね、、。

Posted by: shimo | November 12, 2005 at 09:42 PM

私の車(プリメーラワゴン)も、そろそろ買い換えを意識する年式ではありますが、現在の日産車のラインナップでは正直言って買い換えに値する車をみつけるのが困難という印象です。これならばという車が全く無いわけではありませんが、トヨタ車等と比べると選択の余地は狭いですね。もっとも愛車にこれと言った不満もないので、暫くは乗り続けるつもりなんですが。

Posted by: ヨシヲ | November 23, 2005 at 01:32 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/6937937

Listed below are links to weblogs that reference 東京モーターショウ:

« november | Main | 本田美奈子さんの訃報を通じて »