« 明日は衆議院選挙 | Main | マリーンズがパ・リーグ制覇 »

衆議院選挙から10日を過ぎて

ある程度予測されていたとは言え、何やら恐怖感さえおぼえた衆議院選挙から一週間を過ぎて、ネットや報道等でも当初の驚きと焦燥感は消えて落ち着いた分析がなされる様になって来た。
小選挙区制の下、与党が3分の2の議席を獲得したという事実は事実として与党と野党の得票は結局のところ200万票の差に過ぎない。今回、民主党が足並み揃わず終止自公にやられっぱなしの選挙戦であったにも係わらず、3294万票の批判票が(その中には私の一票も含まれている)存在している訳です。
これからの選挙は小選挙区制の下、今まで以上に無党派の動向が大きな力となって行くのでしょう、無責任なネット世論や政党のちゃちなイメージ戦略に惑わされる事無く、有権者も知識武装をしなければならない。と言う事でしょうか。

それにしても刺客と言われた女性達のみならず、スーパーの社長や、20代のサラリーマン等々有象無象な人々も含め83人もの新人が誕生してしまった自民党のこれからは本当に大変なのでは無いだろうか?。くれぐれもストレスから薬物等に染まらない様に!!!

一方惨敗した民主党だが、時を置かず指導部が刷新された事で長い長い反撃の第一歩がようやく切られた格好だ。新党首は党内でタカ派に属しているそうだが、なかなかの苦労人でも有るらしい。右から左まで様々な意見やしがらみが存在する民主党のリーダーとして、排斥や視野狭窄に陥る事無く堂々たる批判勢力を築いて欲しいものだ。

|

« 明日は衆議院選挙 | Main | マリーンズがパ・リーグ制覇 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/6026376

Listed below are links to weblogs that reference 衆議院選挙から10日を過ぎて:

« 明日は衆議院選挙 | Main | マリーンズがパ・リーグ制覇 »