« 野口さん宇宙へ | Main | 立秋 »

過ちは繰りかえしませんから

「安らかにお眠り下さい、過ちは繰り返しませんから」
原爆犠牲者を追悼する平和記念公園に置かれた碑文の文字が、右翼の青年によって傷つけられたという8月6日を数日後に控えた広島から送られて来たニュースに耳を疑った。
「過ちは繰り返しませんから」という言葉が気に入らなかったという。
彼は碑文の言葉を自虐的とでも捉えたのだろうか?
それとも社会党出身の市長の存在が気に入らなかったのだろうか?
この文章が敢えて「私達は・・・」という言葉を使っていないのは何故か、「私達」に相当するこちら側にいるのは誰か、先の戦争を起こし、あるいはこれに参加した全ての国の国民、政府。「戦争を早期に集結させ上陸戦による犠牲者を少なくする為にやむを得なかった」とする立場。講和を模索する事で犠牲者を少しでも減らすという選択肢を放棄した「一億総玉砕」の立場、全てを超え、全てを含んだ言わば全ての人類。悲惨な原子爆弾が2度と人々の頭上で炸裂する事が無い様に、その全ての人類を代弁して碑文を記す。
碑文の作者に成り変わって私が理由を述べるならその様になるだろう。
彼はそれすらも否定するのだろうか?

彼は学校で何を勉強して来たのだろう、人付き合いに悩み、何気ない言葉に傷付いて思い悩んだ末に自ら解決方法を見い出す様な経験をした事はないのだろうか?いやあるかもしれない、有るからこそ特定の思想に嵌ってしまったのかも知れないが、だとすれば彼は解釈を間違えてしまったのだ。

他人を思い遣る、とは想像力だと思う。会話ならば我彼の関係性、表情、会話のテーマを、相互に関連づけて読み取った相手の真意を、あるいは柔らかく包み込み、あるいは強靱に跳ね返す作業。文章ならば行間を読み、情景を脳裏に描く能力。一歩間違えれば想像力は妄想力にも成り得る。彼は妄想力が豊かであったのかもしれない。過ちが再び繰り返されないように、今からでも遅くは無い、思い遣る心を磨いて欲しいものだ。

|

« 野口さん宇宙へ | Main | 立秋 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/5348365

Listed below are links to weblogs that reference 過ちは繰りかえしませんから:

« 野口さん宇宙へ | Main | 立秋 »