« 謎とき日本近現代史 | Main | 筑波エクスプレス初乗り »

エ〜!あのホリエモンが立候補

さすがにびっくりである。
突然と見せて実は予定調和的な衆議院解散劇も、あるいは世論の風を読んで靖国参拝を取り止めて見せるなかなかの豹変ぶりも、反対派に対して刺客なる候補者を送り込んだり寝返り組に踏み絵を踏ませたりと、徳川家康ばりのタヌキ親父ぶりを見せつける小泉自民党のしたたかさにもさして驚きはしないが、いつのまにかオバチャンになってしまった(失礼)猪口教授や舛添の元女房氏はともかく、あのホリエモンに立候補を打診するとは。
事業拡充の為に政治力が必要と本人もやる気であるようだ。以前から政治的ともとれる発言を行っていたし、やるからには与党でなければメリットが無いという事なのだろう、このえげつなさこそ公社でも特殊法人でもない民間企業人「あきんど」の鑑ともいえる姿である。ニッポン放送株買収の際には、多分眉をひそめていたであろう熱烈自民党支持者のオッサン達の困惑した顔が目に浮かぶ。

しかしどうだろうか、初戦を有利に戦っていた自民党が此所へ来てついに勇み足を踏んだような気がしないでも無い。辻本清美氏の社民党からの立候補にも少々驚いたが、既に人材が殆どいない社民党とあれば致し方ないし、彼女の議員としての押しの強さは格好ばかり良い議員が多い中ワン・アンド・オンリ−の魅力を持っている事は確かだ。
それに対してホリエモンはどうなのか?落選しても当選しても「想定の範囲内」なのであろうか。

|

« 謎とき日本近現代史 | Main | 筑波エクスプレス初乗り »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/5504305

Listed below are links to weblogs that reference エ〜!あのホリエモンが立候補:

« 謎とき日本近現代史 | Main | 筑波エクスプレス初乗り »