« 直立小熊猫 | Main | 千葉市長選挙終わる »

小満〜芒種

ブログを運営していく過程で何を書いて良いのか解らなくなったり、記事の傾向が自分でも思わぬ方向に展開したりという事態が起こる事を想定して、その都度リセットするという期待も込めて「こよみ」をテーマのひとつとしているのですが、約15日毎にやって来る24節気を追いかけるのは実は以外と面倒だったりします。と言う訳で一つ忘れてしまいました。というより書けなかったのですが・・

小満
『万物盈満すれば草木枝葉茂る』(暦便覧)
今年は5月21日だった「小満」。文字通り夏草いよいよ青々と生い茂る頃という意味。今年は東日本では涼しい日が多い様です。もっとも昨夏が暑すぎた、とも言えますが。

芒種
『芒のある穀物、稼種する時なり』(暦便覧)
芒(のぎ)とは穀物のとげの意味との事。少なくとも本州以南の農村では既に田植えも始まっている頃なのではないでしょうか?この時期に種まきと言われてもちょっとピンと来ませんが品種改良や技術が未発達であった頃は寒さがぶり返す心配のないこれからが種まきの季節だったのかもしれません。

|

« 直立小熊猫 | Main | 千葉市長選挙終わる »

「こよみ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/4429902

Listed below are links to weblogs that reference 小満〜芒種:

« 直立小熊猫 | Main | 千葉市長選挙終わる »