« 山桜満開 | Main | 今さらですが反日暴動について »

穀雨

niigata__early_summer

『春雨降りて百穀を生化すれば也』
(暦便覧)

春の暖かい雨がやさしく降り注いで田圃に水が張られ、田植えの準備が整う頃。
仕事環境の変化で忙しくなった為うっかり忘れていましたが、4月20日はこちらのカテゴリーテーマである24節気の一つ穀雨でした。
水が張られた山あいの田圃ではカエルが鳴き、あぜ道や草むらに野草の花が咲き乱れ、新緑は目に眩しく、間違いなく自然が最も瑞々しい季節。
とは言えこの季節の美しさは、桜が散ってしまうと一気に色気が無くなってしまう都会ではなかなか実感する事は難しいですね。

今年の穀雨は暦通りほぼ全国的に雨降りでしたが、バイクで帰宅途中にこの雨で濡れた路面で転倒、路面を2〜3メートル滑って膝に怪我をした上にバイクも壊れてしまい、散々な穀雨となってしまいました(泣笑)

|

« 山桜満開 | Main | 今さらですが反日暴動について »

「こよみ」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/3828082

Listed below are links to weblogs that reference 穀雨:

« 山桜満開 | Main | 今さらですが反日暴動について »