« 千葉県北東部で直下地震 | Main | 菫の花咲く頃 »

建築家清家清さん亡くなる

訃報が続く。
建築家、清家清さんが4月8日、肺炎の為に亡くなった。
東京美術大学(東京芸大)建築学部、東京工業大学を卒業、海軍技術大尉として従軍、戦後は建築家として主に住宅建築設計に力を発揮。間仕切りを排したワンルーム、ミニマリズムの思想を住宅建築に定着させ、和の要素と合理主義、機能主義を融合させた作風で先月亡くなった丹下健三氏とともに戦後日本を代表する建築家と言われています。

氏は以前私が所属している資格者団体の会長をされていた時期が有り、会長を交代された後に一度だけ直に拝見した事が有る。とは言っても資格更新講習会の席上で聴衆の1人として先生のスピーチを聞いただけなのだが、年令を重ねてなを知的好奇心に満ち且つ穏やかな人柄が印象的でした。最近は建築家としてよりも教授としての活動が主であった様で、スピーチの内容も主に授業を通しての学生との交流に基づく話題でした。
一つは赤や緑に髪を染めた学生が混じる授業風景、黒髪の中に色とりどりの頭が見えるのは賑やかで楽しい、という話。もう一つは学生に「建築家」と「建築士」の違いは何か?と聞かれ答えに窮したという話し。方やアーキテクチャー、方やビルディングエンジニアと何となく解っているようで良く考えると違いが解らない問題提起は、その後も(今でも)私の中で一つの疑問として残り続けています。

|

« 千葉県北東部で直下地震 | Main | 菫の花咲く頃 »

「建築・インテリア」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/3657875

Listed below are links to weblogs that reference 建築家清家清さん亡くなる:

« 千葉県北東部で直下地震 | Main | 菫の花咲く頃 »