« 東京大空襲の日 | Main | 竹島問題とやら(軽めに) »

千葉県知事選挙終わる

千葉県知事選挙が近年稀に見る大激戦の末、現職の堂本暁子氏の当選で終了した。

4年前の選挙で政党公認候補を撃ち破って「無党派」の潜在力を証明し、千葉県の保守王国神話を揺るがせた堂本氏であったが。無党派であるが故に綱渡り的妥協や八方美人的な議会運営を余儀無くされ、政策実行の遅さが以前から指摘されてはいた。

とは言え「金権」「保守王国」という旧来からの千葉の政治風土への無党派層の嫌悪感は今だ根強く、実際今回の知事選では自民党も早々に独自候補擁立を断念。一方同様に独自候補を断念し、結果的には堂本支持にまわった民主党も、当初は議会運営上の軋轢から堂本支持に難色を示していた。
そんな訳で、当初は無風と思われていた知事選だったのだが、「青春のカリスマ」森田健作氏の突然の無所属での立候補に事態は急変、自民党が推薦にまわり、民主党からも支持者が出たことから、一転先の見えない選挙となった。

今回の千葉県知事選挙に関しては、国政選挙でもなく、別段スキャンダラスな要素も何も無い通常の知事選の為マスコミの扱いも小さく、選挙カーが頻繁に回って来るでも無し、私自身もgiants-55さんのこの記事を見て、始めて森田氏の立候補を知ったくらいなのだが。失礼ながら当初は、「熱血馬鹿」のカリスマに何が出来るのかという困惑と覚めた反応が大勢だった様に思う。
しかし、「治安を良くします」「アクアライン(東京湾横断道路)の料金を値下げします」「小児医療の24時間対応」「首都圏連合の推進」という解り易い政策提示、(元気モリモリ3つの政策というネーミングが微妙)と今だに衰えない「熱血」イメージで支持を集め、報道されている通り僅か6000票という驚くべき僅差(千葉県人口は500万人、今回の投票者数総数は約200万)で堂本知事側からすれば辛うじて「逃げきり」、森田氏から見れば「惜敗」という結果に終わった。
念のため付け加えておくと、「第3の候補」共産党推薦の山田氏も組織票が大半とは言え15万票を集め、それなりの健闘をしている。今回の千葉県知事選挙に関しては、国政選挙でもなく、別段スキャンダラスな要素も何も無い通常の知事選の為マスコミの扱いも小さく、選挙カーが頻繁に回って来るでも無し、私自身もgiants-55さんのこの記事を見て、始めて森田氏の立候補を知ったくらいなのだが。失礼ながら当初は、「熱血馬鹿」のカリスマに何が出来るのかという困惑と覚めた反応が大勢だった様に思う。
しかし、「治安を良くします」「アクアライン(東京湾横断道路)の料金を値下げします」「小児医療の24時間対応」「首都圏連合の推進」という解り易い政策提示、(元気モリモリ3つの政策というネーミングが微妙)と今だに衰えない「熱血」イメージで支持を集め、報道されている通り僅か6000票という驚くべき僅差(千葉県人口は500万人、今回の投票者数総数は約200万)で堂本知事側からすれば辛うじて「逃げきり」、森田氏から見れば「惜敗」という結果に終わった。
念のため付け加えておくと、「第3の候補」共産党推薦の山田氏も組織票が大半とは言え15万票を集め、それなりの健闘をしている。

今回の選挙で面白いのは、浅野宮城県知事や中田横浜市長が堂本知事を応援し、森田氏の応援に石原都知事や松沢神奈川県知事が駆け付けるという知事会内の代理戦争的な様相を呈していた事。
候補者を巡って中央で与党を組む政党が対立したり、敵対する政党同士が暗黙の協調を図ったりという捻れまくりの構図が愉快。保守対革新、55年体制などという枠組みが既に完璧に崩壊している事を改めて感じさせる。
さらにこの結果で感じる事の一つは、「無党派層」「非保守層」が多い都市部と「保守層」が命脈を保つ農村部との色分けが非常に解り易く現われた事。もう一つは農村部に於いても無党派的行動をとる人が確実に増えている事。加えて千葉を支配して来た自民党勢力のあきらかな退潮傾向だ。
今回の選挙で、もし自民党の推薦を受けなければ逆に森田候補が辛勝していたかもしれないという印象さえ受ける。
いずれにせよ当選した堂本知事は高齢とは言え今だ清新イメージを失っては居ない。次の任期では引き続き地味ながら着実な県政刷新と諸問題の解決にあたって頂きたい。
一方敗退した森田氏も千葉(芝山町)に居住するという事なので、一所懸命「芝山健作」となる意気込みで頑張ってもらいたいものです。

ところで国政選挙、知事選挙、市長選挙は勿論の事、県会議員、市会議議員に至るまで、未だかつて選挙を棄権した事は(一度くらいしか)無い。というのが私の密かな自慢だったりするのだが(まあ選挙に行くのは当たり前だが)今回も当然一票を投じました。どの候補に入れたのかは ヒ・ミ・ツ。

|

« 東京大空襲の日 | Main | 竹島問題とやら(軽めに) »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

書き込み有難うございました。

年齢(確か、都道府県知事の中では最高齢だったと思いますが。)の問題は在るにせよ、堂本氏がかなり引き離して圧勝するだろうと思っていただけに、僅差でのスレスレかちには正直驚きました。タレント議員なる存在には、常々ウンザリさせられているので、千葉県民の民意はそんなレベルなのか・・・とガッカリはしたものの、「ホリエモンv.s.フジサンケイ・グループ」のバトルで、ホリエモンが少なからぬ支持を集めているのと同様に、旧体制への反発が森田氏に廻ったのかなあという気がしています。

堂本知事にとっては、真価が問われる再選と言って良いでしょうね。

Posted by: giants-55 | March 18, 2005 at 03:17 AM

>堂本知事にとっては、真価が問われる再選と言って良いでしょうね。

仰る通りだと思います。
この選挙結果を受けて自民党は「野党として対応する」と明言していますので、今後は多数派野党『自民党』対少数与党『民主+公明+社民』というかなり捻れた状態が4年間続く訳で、無党派代表として、微妙な舵取りを余儀なくされてきた1期とは異なる議会運営の力技が必要になるのでは?と邪推しています。
いずれにせよ堂本知事には、訳の解らない中傷や種々の利権圧力に屈する事無く、スピード感の有る県政を期待したいところです。
森田健作氏が善戦したのは、まあ自民党推薦効果も全く無いとは言いませんが、やはり有名人だからというのが大きい。特に千葉県民には効きます(笑)。
加えて今回は選挙コーディネーターを雇ったらしく、イメージアップ作戦が秦功した為だと思います。

Posted by: ヨシヲ | March 19, 2005 at 05:32 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/3296819

Listed below are links to weblogs that reference 千葉県知事選挙終わる:

« 東京大空襲の日 | Main | 竹島問題とやら(軽めに) »