« 日本、イランに一敗を喫する | Main | 東京の桜、開花情報 »

野球観戦

昨日は荒川沿いを走るもうひとつの荒川マラソン、『タートル健康マラソン』を走る筈だった。
この大会は、上位入賞者の表彰を行わず、あくまで「健康ラン」をコンセプトにした変わった大会で、年によっては会場で花見もできるとか。初参加を楽しみにしていたのだが・・・

何とリラックスし過ぎて寝過ごしてしまいました。(ショック)。
以前も体調が悪くて、あるいは前の晩飲み過ぎて、エントリーした大会に行くに行かれなかった事も無くは無いが、寝過ごして行けなかったのは(眼が覚めたのはスタート時間)始めてだ。

と、どうにも収まりが付かないので、昨日開幕したばかりのプロ野球を見に千葉マリンスタジアムへと出掛ける。新球団の開幕戦勝利でマスコミを賑わせた「マリーンズ×イーグルス」の第二戦です。
スポーツニュースを見た方は御存じの通り、事実上新球団に勝ちをプレゼントしてしまった昨日とはうって変わって、第二戦はマリーンズのワンサイドゲーム。私が会場入りした6回には既に16点もの差がついており、その後も毎回の様に打つわ打つわの26得点、いくらなんでも点取り過ぎ、オリオンズ時代から数えても球団新記録達成だそうだ。
中途半端な勝ち方じゃあ昨日の鬱憤を晴らせないマリーンズファンも(まあ私も片足を突っ込んではいるが)溜飲を下げたのでは無いだろうか、楽天ファンも納得、否すっきりと諦めがつく負け方だろう。

ロッテオリオンズがかつて仙台を本拠地としていた時期がある事は御存じの通りだが、歴史的に見ても千葉と仙台は案外つながりが深い(※註)。如何なる経緯で決まったのかは知らないが、開幕戦が「マリーンズ×イーグルス」とはなかなか心憎い演出じゃあないだろうか。

さて、野球観戦の目的では久しぶりに地元のマリンスタジアムに入った訳だが、今年は球場の雰囲気が随分と変化している。1月のマリンマラソンの際は感じられなかったのだが、昨年の球団合併、ストライキ騒ぎを経て、危機感を募らせた自治体が規制を緩和、県立公園内の為に制限されていたフェンスの広告なども解禁され、フェンス自体の色も心なしか明るくなり、セレモニーも派手でボールパークと言っても良い雰囲気が醸し出されている。休日のデイゲーム、しかも開幕戦故余計にそう感じられるのかもしれないが、これなら何度でも来たくなる。やはり野球場には野球が似合う、と言う事かも知れない。
しかし問題はこれからだ、プロ野球にとっては「改革元年」などと言われてもいる今シーズン、開幕戦のにぎわいと晴れがましさを今後も維持出来るのか、まさに正念場のシーズンではないだろうか。

(※註)源頼朝を援助し、鎌倉幕府創建に貢献した豪族、「千葉常胤」の五男「国分胤通」の子孫が城を築いたのが仙台の始まりとか。

|

« 日本、イランに一敗を喫する | Main | 東京の桜、開花情報 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/3470537

Listed below are links to weblogs that reference 野球観戦:

« 日本、イランに一敗を喫する | Main | 東京の桜、開花情報 »