« 吉野家に車突っ込む | Main | 「小人之学也入乎耳 出乎口」 »

あぁ憧れのクルージングライフ

050211_boat_show_02050211_boat_show_01幕張メッセで開催されている『国際ボートショウ』と『キャンピング&RVショウ』を見てきました。

国際ボートショウは44年もの歴史があるらしい。以前から知ってはいたのだが実際見るのは今回が始めて。

展示会の規模自体はモーターショウに遠く及ばないが、小はディンギー、カヌー、ジェットスキー、ゴムボートから大迫力の外洋クルーザー、大形ヨットに至るまで展示船舶はバラエティに富んでおり、しかも殆どの船は中に入れるので、コクピットに座ったり、エンジンルームを覗いたり撫でたり触ったりでアドレナリン出っぱなし(やや興奮気味)。
でも当然ながらプレジャーボートは高嶺の花。実際買えそうなのは「手漕ぎボート2馬力エンジン付き」がせいぜいか。。。

そう言えば会場でマイク真木さんらしき人を見かけました。トークショウか何かをされたのだろうか?

その後は同時開催されている『キャンピング&RVショウ』へ。
キャンピングカーとキャンピングカー用品の展示&展示即売会です。
各社のキャンピングカー、キャンピングトレーラーが一同に会する光景はなかなか壮観だが、ボートショウを見た後では豪華なキャンピングカーさえ貧乏臭く見えてしまうのが玉に傷。
実際にはこちらも高嶺の花なのだが。。。

050211_campingrv_show

|

« 吉野家に車突っ込む | Main | 「小人之学也入乎耳 出乎口」 »

「千葉の話題」カテゴリの記事

Comments

「地下鉄を何処から入れるのか、それ考えると夜寝られなくなっちゃう」という疑問を持ちネタにしている漫才師がいたが、ボートショウに展示されている巨大クルーザーや大形ヨットをどんな風に運んで何処から搬入したのか、ちょっとした疑問だった。イベント終了後展示会の公式HPを見たらに答えが載っていました。
何でも会場近くの岸壁まで自力で航行してきた展示船達をクレーンで陸に上げ、綺麗に清掃してから会場内に入れたらしい。さぞや壮観な搬入風景だった事だろう。
http://marine-jbia.or.jp/BoatShow2005/tokyo/
http://marine-jbia.or.jp/BoatShow2005/tokyo/showreport/index.html

最初から知っていれば撤収風景も見に行ったのになあ〜。

Posted by: ヨシヲ | February 17, 2005 at 12:50 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/2904212

Listed below are links to weblogs that reference あぁ憧れのクルージングライフ:

« 吉野家に車突っ込む | Main | 「小人之学也入乎耳 出乎口」 »