« 痛いブログ | Main | 記者会見 »

ホリエモン騒動:フジテレビの報道姿勢はどうよ

所謂ライブドアによる日本放送に対する敵対的買収問題。
「時間外取り引き」なる(違法では無いが)印象として姑息な方法による株式取得が祟ってか今や金権政治家連や経済団体のお歴々を巻き込んでの包囲網が出来上がり、ライブドアの形勢不利が次第に明確になりつつ有るようだ。
さすがは与党の機関紙とも揶揄される産経新聞とそのグループ、影響力に改めて感心する次第だ。

私自身は以前の記事でも匂わせていた通り、昨年のプロ野球問題の頃から、世間の熱狂とは裏腹に堀江氏に対する猜疑心、うさんくささを拭いきれないでいたので、今回の騒動では遂にメディアを餌食にする事によって乗っ取り屋の本性を表したかと、思っただけであった。

「金で全てを解決出来るという考えは問題、これも教育云々」との元首相のとぼけた発言には笑うしか無いが、私自身の感想としては先日の奥田経団連会長の考えに近い。
しかしながら株式自体には無関心、というか良く解らない世界なのでスルーさせて頂く。
それとは別に、数日来この騒動に関する各局の報道を見ている内に、フジテレビの報道姿勢への疑義が、私の中に生まれつつ有る。
フジテレビはこの騒動に対して事実上の無視を決め込んでいるらしく、殆ど報道らしい報道をしていない。他局のニュースには日枝会長の姿が毎日の様に登場するのにである。
先日のNHKへの与党政治家介入問題でも(結局はNHK 対 朝日新聞に矮小化されてしまったが)NHKは自分達の考えを言い訳するという形で自らを報道していたのに、フジテレビのニュースだけを見ている限りではホリエモン騒動など初めから無いかのようだ。
先の奥田会長の発言通り、今回の騒動ではサンケイグループ側にも問題があったのは明らか。純粋に経営に関する事柄ならば部外者である我々にはどうでも良い事だが、これだけ多くの人々に関心を持たれているニュース、しかも日本放送もフジテレビも上場企業ではないか。堀江氏の言うような「大衆の関心の有るニュースだけを報道する(関心の無いニュースは報道しない)」という考え方はどうかと思うが、仮にも放送の公共性、公共の電波を標榜するのならば、自己批判、乃至は自らの正当性の主張すら全く行おうとしないフジテレビの姿勢ってどうよ?、と思うのである。

|

« 痛いブログ | Main | 記者会見 »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/3046156

Listed below are links to weblogs that reference ホリエモン騒動:フジテレビの報道姿勢はどうよ:

« 痛いブログ | Main | 記者会見 »