« インドネシアで大地震 | Main | 雨の大晦日 »

津波の脅威・美しい草原

スマトラ沖の地震に伴う津波に拠って亡くなった方が6万人を超える勢いです。
今後明らかになってくるであろう地震そのものの被害がどのような規模になるのか・・・あまりの惨状に表現する言葉が見つかりません。
インドネシアは世界でも有数の火山噴火、地震多発地帯だと聞いています。
それも桁外れに規模が大きい。

『クラカトアの大噴火』
http://www.hayakawa-online.co.jp/top.asp

一方日本でも、有史以前には世界最大級の噴火を何度も経験しているそうで、たまたまこの数万年の間起きていないだけのようです。

来年も災害の多い年となるのだろうか。
月並みですが今年を象徴する漢字として先日発表された「災」いがそのまま「害」となる事無く、転じて「福」なることを願うのみです。

041229_gim_brandenburg話し変わって。
昨晩、この地震の報道で放送時間が変更になった『大自然スペシャル、我が心のプレーリー』と言うドキュメンタリー番組を見ました。
ナショナルジオグラフィック誌等で活躍する自然写真家ジム・ブランデンバーグ氏の仕事を丹念に追いながら、彼の故郷であり、アメリカ中央部に僅かに残されたアメリカの原風景とも言える大草原「プレーリー」と、そこに暮す動物、植物、自然現象を丹念に写し取った心洗われる様なドキュメンタリーでした。大草原を美しく染めるワイルドフラワー。人間にとっては時にコミカルに見えて、懸命に生きる小動物達。灼熱の夏に草原を襲うサンダーストーム。極寒の冬を耐えるバイソン。雪解けと共に飛来する白雁の空を圧する巨大な群れ(海洋ドキュメンタリーに登場する小魚達の巨大な群れに良く似ている)。夕暮れの大草原に立つ孤独な樹木。それらの風景に真摯に向き合う写真家の姿。
バックに流れるメセニーのスピリチュアルなギターの音が美しい。
我々が飛行機で飛び越えてしまうもう一つのアメリカ、その原風景。
年末らしくこんな番組をじっくり見るのも良いものです。

041230_snowy_day本日は此所、千葉でも雪が積もりました。今年は暖冬傾向なので関東にも雪の日が多いと思われ、寒っ!

|

« インドネシアで大地震 | Main | 雨の大晦日 »

「自然」カテゴリの記事

Comments

ヨシヲ様こんばんは。お久しぶりです。
こちらからご報告する前にリンクの変更をして頂き有難うございます。
移転の理由は大した事ではないのですが

・ブログ人ジャンププランの利用料金が高い(かもしれない)
・FTPが利用不可で使いたいプラグインが使えない

等で前々から移転を考えていました。
東京は雪が降り非常に寒くなりましたね。
ヨシヲ様は正月はどうお過ごしになりますか?。
私はようやく時間的余裕が出来ましたので
遅まきながら近場へ初滑りに行く予定です。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。
良いお年をどうぞお迎え下さい。

Posted by: やまさわかつまさ | December 30, 2004 at 05:08 AM

やまさわかつまさ様、コメントありがとうございます。早速訪問させて頂きました。
以前のブログより見やすくなりましたね。

例年は仕事納めと共に近場で初滑り。大晦日紅白歌合戦を見た後は九十九里浜へ初日の出を見に行き、新年は初詣。という極々一般的な行動パターンなのですが、今年もスキーを年明けに廻した以外は似た様な正月だろうと思います。
少雪に悩んでいた各地のスキー場も殆どオープンしたようで、今年の初滑りはかぐら辺りへ行こうかと考えているところです。
今後ともよろしくお願いします、良いお年をお迎えください。

Posted by: ヨシヲ | December 30, 2004 at 03:04 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/2412698

Listed below are links to weblogs that reference 津波の脅威・美しい草原:

» それでも人は生きていく/占い日記 [占い日記〜2005年の運勢つき]
私は今日死ぬかもしれない。 スマトラ沖の地震では、 何万人もの人が亡くなった。 地震が起こる数秒前、こんな事になるとは、 誰も思ってもみなかっただろ... [Read More]

Tracked on December 30, 2004 at 02:15 PM

« インドネシアで大地震 | Main | 雨の大晦日 »