« 松原みき『真夜中のドアー』 | Main | ドンキホーテでボヤ騒ぎ »

再びイラクへ向かう人

北海道出身のフリーカメラマンが外務省の中止要請にも関わらずイラクに入国したとの事。政府はサマーワは安全だとのたまわっているが、そんな事洒落にもならない事は本人も良く御存じの筈。ただでさえ険悪化している上にこれから国政選挙を控えて何が起こるか解らない今のイラクへ自ら進んで入ろうというのだからそれなりの準備と覚悟の上と理解したい。

今回も自分の頭の中身を差し置いて馬鹿だチョンだ(在日の方達への蔑称ではないので誤解せぬ様)とネットに書き散らかす連中がでてくるのだろうが、彼等には勝手に書かせておけば良い。

行ってしまった以上もう後戻りは出来ない。願わくば無事に日本に戻り彼自身で見聞きした現地の今を我々に伝えてほしいと思う。

|

« 松原みき『真夜中のドアー』 | Main | ドンキホーテでボヤ騒ぎ »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

初めまして。
記事読みました。何でですかね、行ってしまうのは。
理由が知りたいです。
中止要請されていたのに、それでも入国した人の「伝えたい事」なんて私は聞きたくないし、写真だってみたいとは思わないな。
生意気言ってごめんなさいo( _ _ )o

Posted by: yumyum | December 16, 2004 at 05:27 PM

yumyumさん初めまして、ご訪問有り難うございます。米軍のファルージャ攻撃の影響もあって、今、イラクの治安情勢は最悪だろうと言う事は我々にも容易に想像出来ます。無惨にも殺害された香田さんの事件がまだ記憶に新しいというのに、なぜわざわざそんな危険な場所に政府の要請まで断って行くのか、そこまでして報道するべき意味があるのか?という疑問が湧くのは自然な事だと思います。生きた人間が首を切られる映像など二度と見たくないですから。。。正直私もこのニュースを知った時は開いた口が塞がらなかった。しかし一方で人間には「知りたい」という欲求が有る。彼とて有る程度の危険は承知していることでしょう。しかし、現場の只中にいるそのフリーカメラマン氏には周囲に有る日常風景の向こうに恐怖の入り口が口を開けている事が見えないのでは無いかと想像しています。もっとも我々にもそれを知る由は無いんですが。

何だか支離滅裂気味ですいません。
ただこれは先般騒がれた様に「自己責任論」で括れる問題ではないと思います。行くと決めた以上そのフリーカメラマン氏には準備を覚悟を決めて貰いたいという願望なのでした。

と思っていたら最新の報道ではそのカメラマン氏から渡航中止の電話連絡が有ったとか。本当だろうか?
そうならば一安心ですが。。

これからも気が向いたら御訪問ください。

Posted by: ヨシヲ | December 16, 2004 at 07:43 PM

書きこみ有難うございました。
色々と人の言葉に傷ついて、それでも自分の信念を貫く人は凄いなって思います。
私にはブログさえも辛くなっているのに。

どこまで、そのカメラマンが考えているのかわかりません。
死をかけてやりたい事って、あるのでしょうね。理屈じゃないのかもしれない。
全てが自己責任の言葉を「葵のご紋」のようにかざして、人の原動力を封じることは出来ないし、香田君のように自らの死をもって、責任をとらされた結果をみることもある。
思惑と別に進んでいく状況、猫の目のように移り変わる人の気持ちがある。

どこかがおかしくなっている。
ネットの中で本音が述べられやすいのなら、暗部や乱暴な部分が剥き出しになり、無責任な中傷の応酬にうんざりして、早く膿を出し切って、次の段階になって欲しいと思う。

ネットもリアルの延長で、匿名性が薄くなり、今後の双方向の自由な責任あるコミュニケーションの場として、開放される日々を待ちたいと思っています。

今度はリアルにおいて活用できるサイトとして、動き方を考えています。
(しかし、リアルだと立場上発言しにくい部分が沢山あり、そこら辺をどうクリアするが思案中)
そのときは、是非、よろしくお願い致します。
再度になりますが、本当に、書きこみ有難うございました。
感謝します。

Posted by: dadaist_dancer01j | December 20, 2004 at 01:40 AM

dadaist_dancer01jさん書き込み有り難うございます。そうですね、ネットというバーチャルな世界には、匿名性のもと目を覆うばかりのアンダーグラウンドな世界も広がっています。それを全否定するでは無いにせよ、匿名性はネットの持つ機能の一部にすぎないという事をもっと認識するべきなのかもしれません。ネット社会に参加する一人一人が自分の発言=行動に"自分なりの"責任を持って係る事、ネット社会の常識=リアル社会の常識である事。大事な事ですね。ただ余りにも行き届いてしまうとそれはそれで居心地が悪いかもしれませんが。。
ところでブログを移転される様で、中傷にめげず頑張ってください、期待しております。

Posted by: ヨシヲ | December 21, 2004 at 02:41 AM

ヤフーで会おうぜ チャットあらしのまさしだ
jason_jason_jasonと once_in_7_blue_moon cliclimambo lorita_omanko_dosuguro jinnhi_omanko_dosug REIP_kannkoku qllp_qllp wingwing_netomo     how_lovely_how_lovely_jp okieshanejp atsukoendoh_jp
oneeyesjack_amerika keep_in_touch_with_asia newsxxxxx_amerika ciel_shell_whirlpool heika_ni_tyuusei kiss_ne_cats偽物 ndpxd275偽物

Posted by: wingwing_netomo | July 02, 2005 at 05:58 AM

おっ、出たな妖怪。
という感じかな?。netomo殿とやら。

Posted by: ヨシヲ | July 04, 2005 at 03:30 AM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/2285171

Listed below are links to weblogs that reference 再びイラクへ向かう人:

« 松原みき『真夜中のドアー』 | Main | ドンキホーテでボヤ騒ぎ »