« 健康診断 | Main | 大雨 »

東京モーターショウ(働く車と福祉車両)

東京モーターショウを見に行った。今年は「働く車と福祉車両」いわゆる商用車ショウである。念の為説明しておくと、幕張メッセオープンと同時に晴海から幕張に会場を移して開催されている東京モーターショウ。2000年から商業車部門が独立して福祉車両関連の展示を加え、乗用車、二輪車ショウと交互に毎年開催されている。今回は独立した商用車ショウとしては3回目となる訳だが、次々回からは再び統合し隔年開催に戻るとの事。その際は今以上、相当に規模の大きな見本市と成るのではないだろうか。会場内の混雑やアクセスが再び問題となりそうだ。

さて、「商用車ショウは空いている」という噂だったが、今日が最終日、しかも日曜日とあってなかなかどうして賑わっていた。それでも乗用車ショウに比べれば出展企業も少なめ、会場全体に余裕があってゆっくりと回ることが出来る。
全体的には景気回復途上の世相を反映してか地味な印象が強いのは致し方無いところ。以前は商用車といえども(ピックアップトラックベースの)派手なSUVや豪華なリムジンバスといったきらびやかで夢の有るコンセプトカーが覇を競う様に展示されていたものだが、今回はそういった車は影をひそめミニバンベースの福祉車両、アメニティ重視の路線バス、普通トラック、軽トラック、商用バンといった地味だが実用的な車の展示が主流であった。もちろんこれはこれで重要な車達である事は疑う余地はないが、やや寂しい感じを受けたのも事実である。
会場のほぼ中央にデーンと構えた三菱ふそうの大きなブースが微妙に空いていて自ら招いた失態の結果とは言え一抹の物の哀れを感じてしまう。一方、大規模な展示会につきもののキレイドコロと彼女らをプロカメラマンよろしく激写するカメラ小僧もしくはカメラオヤジという図式も部品メーカー関連のブースを中心に小規模ながら微笑ましくもしっかりと展開されておりました。
さらにモーターショウらしくあちらこちらに売店やイベントコーナーが展開されており、中央通路にまとまって出店していたフードコーナーのエスニックフードがどれもこれもスパイシーで美味しく大満足でした。

tokyo_motor_show04_01.jpg

tokyo_motor_show04_02.jpg

tokyo_motor_show04_04.jpg

|

« 健康診断 | Main | 大雨 »

「千葉の話題」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/1895467

Listed below are links to weblogs that reference 東京モーターショウ(働く車と福祉車両):

« 健康診断 | Main | 大雨 »