« いわい将門マラソンに参加した感想など、、 | Main | 国際千葉駅伝のあれこれ »

NHK特集「ローマ帝国」を見た感想など、、

10日ぶりの更新です。
土曜日のNHK特集『ローマ帝国』を見た。
塩野七生氏の『ローマ人の物語』を読み始めて以来、古代ローマ史に惹かれている。特に古代ローマと現代アメリカの2000年の時を経ての類似性には「歴史はくり返す」という言葉がぴったり。2000年経っても人間はちっとも変わってねぇーなと思ってしまう。
NHK特集だけ在って他ではあまり流される事の無いアルジェリアに残るローマ植民都市の見事な遺跡やローマ建国祭のマニアックなコスプレパレード、スペインカルタへナの祭り等々なかなか興味深い映像が多く飽きさせない。しかしアウグストゥス以前のローマが軍事に突出した強国で、侵略と略奪で周辺諸国を征服して行ったとポエニ戦争を引き合いにして簡潔に語っていたが、塩野氏の先の著書から受けた私の印象では事実はもう少し複雑だったような気がする。確かにカルタゴとのポエニ戦争はお互いの存亡を賭けた殲滅戦だったと思うが、一方で降伏した敵と同盟関係を結んだり、市民の自由と自治権を安堵したりと同時代では希有な「大人の戦略」がローマを大国化させたという事だった筈。同盟軍の反乱事件もローマの軍事的圧力というよりは、同盟諸国とローマとの間での経済的、社会的な矛盾が修復不可能なレベルまで達した為に起こった戦争だった様に記憶している。短い放送時間の制約の中で番組の主旨としてアウグストゥスの業績をより鮮明にする為とは思うが、私的にはやや物足りない印象も残った。とは言え先のアルジェリアの遺跡の紹介だけでも十分見ごたえは在りました。次回の放送でははポンペイ、最終回はブリタニアの遺跡が登場する模様、期待して待つ。

|

« いわい将門マラソンに参加した感想など、、 | Main | 国際千葉駅伝のあれこれ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

はじめまして。わたしも今ローマ人の物語(文庫版)を読んでいます。(^_^;
たしかに現代に通じるものがありますよね。NHKスペシャルについては同じ感想を持ちました。映像は見ごたえがありました。次回に期待したいと思っています。

Posted by: cozy | November 27, 2004 at 01:16 AM

ご訪問ありがとうございます。
仰る通り『ローマ人の物語』は本当に面白いですよね。
目から鱗が落ちるというかローマ人の心の有り様にまで踏み込んで解釈できるのも作者が西欧人では無い塩野氏であればこそでしょう。当たり前の事ですが「ローマは一日にしてならず」という言葉の意味がよくわかる。またこれは多少語弊が有るかもしれませんがこの本を読んでローマの巧みな属州統治のあり方と戦前の日本の植民地統治を比較して見たとき、日本に何が足りなかったのか何となく解る様な気もして来ます。
またの訪問をお待ちしています。

Posted by: ヨシヲ | November 27, 2004 at 12:56 PM

The comments to this entry are closed.

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53409/2040926

Listed below are links to weblogs that reference NHK特集「ローマ帝国」を見た感想など、、:

« いわい将門マラソンに参加した感想など、、 | Main | 国際千葉駅伝のあれこれ »